富士宮口から水ケ塚公園を目指す「富士下山」が人気?

登山者半減の富士山で密かにブームの「富士下山」とは?(日刊SPA!)

nikkan-spa.jp

「富士下山」のコースの一例を見てみよう。富士宮口5合目から宝永山と大砂走りを経由し、須山口1合(水ケ塚公園)に下りてくるコースでは、山頂まで登らなくとも富士山の自然や文化を体感できる。コースには、富士山でも唯一火口の中を歩けるスポットとして有名な宝永火口があり、砂と小石が混ざった砂礫地帯の「大砂走り」の砂はクッション性が高いため、足腰への負担が少なく歩きやすい。5合目の標高がおよそ2,500mなので、10月には紅葉が最高の季節となる。

これは面白そうなコースですね。所謂プリンスルートの途中から下山をするという… そういえば、今月頭に御殿場ルートで富士登山をしてきたのですが、その下山中に宝永山で記念撮影をした後で大砂走りを下りていく、中高年登山ツアーを見ました。あれがこの「富士下山ツアー」だったのでしょうか。

記事内の「5合目の標高がおよそ2,500m」というのがちょっとよく分かりませんが(一番高い富士宮五合で2380m、御殿場口では1440m)五合目よりも下を楽しむ、秋の富士山ハイキングはなかなか魅力的です。

注意

ちなみに富士宮五合〜宝永山〜大砂走りは夏山ルート内になるので、既に閉鎖されていて原則として現在は登山禁止です。宝永山などはかなりの強風が吹き付けますし、下山コースとはいえ登山届けなどは忘れずに提出する必要があるでしょう。
また、シーズン外の富士登山については、次のようなガイドラインが策定されています。
富士登山における安全確保のためのガイドライン|安全・リスク情報|富士登山オフィシャルサイト

関連

私が今月、閉山直前に行ってきた御殿場ルートの富士登山です。宝永山から大砂走りなどについても紹介しています。moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp