富士山の夏山登山客、5万人減少


スポンサーリンク

今日は本当に富士山ニュースが多いですね。1本にまとめられるものでもなかったので、バラバラでお届けします。

富士山夏の登山者数、昨年より5万1000人減 山梨(産経ニュース)

www.sankei.com

環境省の箱根自然環境事務所は29日、今年の富士山の夏山期間中(7月1日〜9月14日)に山梨県側と静岡県側の計4登山道を利用して山頂を目指した登山者が計23万4千人だったと発表した。昨夏の同期間と比べ、5万1千人減少した。富士登山者数は3年連続減少となった。

箱根山噴火も影響か 富士登山者5万人減(読売新聞)

www.yomiuri.co.jp

環境省関東地方環境事務所は29日、今夏の富士山の登山者数を発表した。前年より5万1277人(18・0%)減の23万4217人で、天候不順や箱根山(静岡、神奈川県境)の小規模噴火などが影響したとみられる。
調査は7月1日〜9月14日、山梨県の吉田、静岡県の須走、御殿場、富士宮の計4登山道の8合目付近で登山者数をカウントした。

富士登山:18%減の23万人 悪天候影響か(毎日新聞

mainichi.jp

環境省は29日、富士山の今年の開山期間(7月1日〜9月14日)に8合目を通過した登山者が、昨年より18%少ない23万4217人だったと発表した。例年より悪天候の日が多かったことなどが影響したとみられる。

静岡側の富士山登山者9万7630人(中日新聞

www.chunichi.co.jp

静岡側は三登山道で計約一万六千九百人(14・8%)減の九万七千六百三十人だった。うち須走口は27・5%の大幅減となる二万四千五人。御殿場口は7・4%減の一万五千七百十三人、富士宮口は10・2%減の五万七千九百十二人だった。山梨側の吉田口は20・1%減の十三万六千五百八十七人。

中日新聞の漢数字への異常な拘りはなんなのでしょう…?