スキーシーズン直前! RICOHのGPS内蔵タフネス防水コンデジWG-5 GPSがお買い得!?


スポンサーリンク

f:id:OKP:20151112133739j:plain
RICOHの防水コンデジ(元PENTAX)の型番には廉価モデルの二桁台(WG-40等)とレンズが明るい上位モデルの一桁台があるのですが、その最上位機種の「WG-5 GPS」が現在¥25,000台とかなりお買い得価格になっているようです。
前モデルのWG-4 GPSの底値が私がチェックしていた範囲でも¥23,500位だったので(それも後継のWG-5 GPS発売後の価格です)、既にかなり底値に近い状態ではないでしょうか?

ちなみに、WGシリーズの一桁台は毎年CP+前後で発表、3月発売というスケジュールになっています。次モデルが出るとしてもあと4ヶ月は先。スキー/スノーボード等のウインタースポーツや冬山登山のシーズンスタート前に、最新型の防水コンデジをこの価格で手に入れられるのはかなり魅力的です。

ライバル機と遜色ない性能!?

ちなみに私は、WG-4とほぼ同じスペック(レンズF値、センサーサイズ、画角、画素数GPS内蔵など)を持つオリンパスのSTYLUS TG-4 Toughを使っていますが、こちらは現時点でようやく¥40,000を切るかどうか?といった価格。

WG-5GPSはWi-Fiこそ非搭載なものの、それはEye-FiやFlashAir等のWi-Fi内蔵SDカードを使えばいい話。一方でTG-4ではオプションである接写用のLEDライトが、WGには標準搭載されていることもあり、単純に価格性能で比較してみると断然WG-5GPSの方にお得感があります。

個人的に気になる2機種のスペックをいくつか書き出してみました。

製品 RICOH WG-5 GPS OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
タフ性能 14m防水、耐衝撃2.2m 15m防水、耐衝撃2.1m
センサー 裏面照射型1/2.3型CMOS 裏面照射型1/2.3型CMOS
画角(35mm判換算) 25-100mm 25mm-100mm
F値 F2.0-F4.9 F2.0-F4.9
Wi-Fi ×
GPS
有効画素数 1600万画素 1600万画素
液晶 3.0型46万ドット 3.0型46万ドット
バッテリー(制止画) 約240枚 約380枚
寸法 125×64.5×32 111.5×65.9×31.2
重量(電池含) 236g 247g
LEDライト 別売り(LG-1)
別売コンバージョンレンズ等 ワイド テレコン/フィッシュアイ
特筆点 LEDライト内蔵 RAW記録、深度合成
参考価格(11/22 価格.com最安) ¥25,100 ¥39,700

カタログ値では若干WG側のバッテリー性能が劣るようですが、こうして比較してみても驚くぐらいに似通った性能を持つカメラだというのが分かります。

せっかく魅力的なカメラなのにWGは知名度がイマイチ?

これはPENTAX時代からとも言えますが、ほぼ同一の性能を持つオリンパスTGシリーズがアウトドアカメラの代表のようになっている(?)のに対して、RICOH WGシリーズはややアピールが弱い気がするのです。

最近のTGシリーズが深度合成やRAW記録などの新機能を積極的に打ち出しているのに対して、せっかくのLEDライト内蔵や価格面での優位性はおろか、内蔵GPSによるロガー機能なども公式サイトの商品説明を読んだだけではよく分からない状況。
WG-5 GPS / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING
PENTAXブランドを手に入れたRICOH自体、もともとその辺が下手な会社ではありますが、GRシリーズようなユーザー人気に頼るだけでなく、せっかくの高性能をもっと上手くアピールしてくれることを願ってやみません。

WGによる作例など(リンク)

ちなみに、WG-5の画質性能については、2世代前のWG-3 GPSで撮られてる写真を見る限り、ライバルのTGひと桁機と比較してもなんら劣ることのないものだと思われます。history.hatenablog.com
history.hatenablog.com
history.hatenablog.com
他のカメラで撮られてる写真もありますが、1/2.3型センサのコンデジでもこれだけ綺麗に撮れるのか!と大いに影響された私は… 何故か、オリンパスのTGシリーズを2世代続けて買ってしまっているのですけども(笑)

関連

yamacamera.hatenablog.jp

メインブログの方で書いた、ライバル機であるオリンパスTG-4のレビューです。moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp