OLYMPUS「OM-D E-M1/E-M5 Mark II」の最新ファームウェアの公開日決定/11月26日 11:00〜

この2年間、私も愛用しているオリンパスのミラーレス一眼カメラOM-D E-M1、そして今年2月に発売されたOM-D E-M5 Mark IIの最新ファームウェアの公開日が決定したようです。2015年11月26日の11:00より同社サイトにてダウンロードされるようになるようです。
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT
オリンパス お知らせ: 「OM-D E-M1/E-M5 Mark II」最新ファームウェアならびに最新関連ソフトウェアの公開日決定のお知らせ

このファームアップにより、マクロ撮影時にピントをズラせた8枚の写真を合成することで手前から奥までフォーカスの合った写真を作成する「深度合成モード」の他(「E-M1」のみ)、「フォーカスブラケット」や、露出補正などをファインダーに反映させない「OVFシミュレーションモード」などの機能が追加されます。

オリンパス ニュースリリース: マクロ撮影に適した機能を追加した「OM-D E-M1」Ver. 4.0、「OM-D E-M5 Mark II」Ver. 2.0を11月に公開
ファームウェアアップグレードで新たに追加される主な機能

  1. 深度合成モード(「E-M1」のみ)
  2. フォーカスブラケット
  3. OVFシミュレーションモード
  4. 動画ピクチャーモード「Flat」(E-M5 Mark IIのみ)
  5. 動画撮影時のPCMレコーダーの連携強化
  6. 機能強化された「OLYMPUS Capture」Ver.1.1への対応
  7. MFクラッチ機構/スナップショットフォーカス機構の無効化
  8. M.ZUIKO PRO/PREMIUMレンズを中心とした最新ファームウェア

深度合成はこの機能が内蔵された同社のコンデジであるSTYLUS TG-4 Toughで体験していますが、虫の全身や花のしべ全体にピントの合った写真を撮れるのは非常に面白いです。moognyk.hateblo.jp

また、今回の2ボディのファームアップに合わせて、OLYMPUS Capture及び、「M.ZUIKO PRO」3本のレンズ、「M.ZUIKO PREMIUM」6本のレンズの最新ファームウェアも公開されるようです。

今回のファームアップでは私も当該製品をかなり所有していることもあり、色々と作業が発生しそうです。あと、恐らくですが本体メニューに新機能が加わるようなファームアップの際は、ユーザー設定などもろもろが全て出荷状態にリセットされてしまうため、その後の設定のやり直し、複数作ってあるマイセットなども再設定する必要が発生してしまいます。

関連

yamacamera.hatenablog.jp
dc.watch.impress.co.jp

先行して当該フォームをレビューしたデジカメWatchの記事が公開されています。dc.watch.impress.co.jp