岐阜県、山梨県共に登山届けの提出件数が大幅に増加

山梨、岐阜各県警から発表された昨年2015年の山岳遭難件数について。
山岳遭難 死者6人増…昨年 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
www.yomiuri.co.jp
岐阜県の山岳遭難者大幅に減少 - NHK岐阜県のニュース
www3.nhk.or.jp

南アルプスを擁する山梨県では遭難件数が3件減りつつも死者は6人の増加、一方北アルプスエリアの一角である岐阜県では遭難者、死者共に15人/10人と大幅な減少となったようです。ただし岐阜県では前年度(2014年)が過去最高に遭難者が多かったようで、これが御嶽山の噴火による犠牲者を含んでいるとしたら、かなりイレギュラーな数字になのかもしれません。
両県共に登山届けの件数は大幅に増加しているようで、山梨県ではほぼ倍増という数字に。両県警共に、安全な登山のために事前の入念な登山計画及び、計画書の提出を呼びかけています。