【旧モデルが狙い目!?】オリンパス、防水タフカメラSTYLUS TG-870 Toughと4K動画に対応した高倍率コンデジSTYLUS SH-3を発表

オリンパスコンデジ2機種を今月2月26日に発売すると発表しました。どちらも既存機種の後継機にあたるモデルです。
オリンパスオンラインショップ STYLUS TG-870 Tough
オリンパスオンラインショップ STYLUS SH-3

アートフィルターが追加された超広角防水カメラ「STYLUS TG-870 Tough」

STYLUS TG-870 Tough | 防水デジタルカメラ T(Tough) シリーズ | オリンパス

超広角21mm相当からの画角を持つ、防水タフネスコンデジSTYLUS TG-860 Toughの後継モデル。
主な仕様の変更はアートフィルターを7種類から13種類に増加。その他シーンモードに「ライブコンポジット(比較明合成)」と「セルフポートレート」が追加されました。
画像処理エンジンや撮像センサー、タフ性能など基本性能の変更はないようですし、内蔵Wi-FiGPSも据え置きのまま。現時点では価格の下がった前モデルが狙い目かもしれません。
TG3桁機は以前使用していましたが、コンバージョンレンズなしで21mm相当という超広角画角を取れるコンデジは他にありません。登山での風景撮影や、地上より画角の狭まってしまうダイビングでの水中撮影に活躍してくれることでしょう。

4K動画撮影に対応した24倍ズーム「STYLUS SH-3」

STYLUS SH-3 | コンパクトデジタルカメラ Sシリーズ | オリンパス

こちらも前モデルSTYLUS SH-2からの変更点としてアートフィルターの追加がありますが、それ以外の大きな進化は4K動画(15fps)の撮影に対応したことでしょうか。
望遠側でも有効な5軸手ぶれ補正は動画撮影時にも作動することで、ムービーデジカメとしても魅力的な製品となりました。
逆に言うとそれ以外はやはり基本性能は据え置かれているとも言えますので、現在かなり価格の下がっている前モデルはやはりお買い得と言えるでしょう。

関連

STYLUS TG-860 Toughは現在コストコでフロートストラップ付きで27,800円で売られています。

STYLUS SH-2は昨年末に底値間近と判断した状態から値動きはほぼなし。

以前、STYLUS TG三桁機のTG-850を使っていたので(Wi-FiGPSが搭載されてない程度で基本性能は同様のもの)その際の使用レポート記事。また、STYLUS TGの上位モデルTG-4についてのレビューも別サイトで書いております。