モンベルの定番山岳テント「ステラリッジテント」に全4色のカラーバリエーションが登場


スポンサーリンク

少し前のニュースですが、ゴールデンウィークも近づき春山シーズンがスタートということで、テントの話題など…。
山のテント場ではアライテントの「エアライズ」と一二を争う位に見かけることの多い定番の山岳用テントである、モンベルの「ステラリッジテント」。使いやすくシンプルなダブルウォール(テント本体+フライシート)型のテントとして人気のモデルです。

モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 2型 [1?2人用] サンライトイエロー 1122476-SUYL

フライシートが黄色(サンライトイエロー)の1色のみということもあり、涸沢のような広大なテント場では下手をすると自分のテントを見失ってしまうようなこともありました(?)。
そのようなユーザーの声は以前からあったと思うのですが、今年2016年春夏の新作としてこのステラリッジのフライシートにカラーバリエションが加わりました。

f:id:OKP:20160426101054j:plain
モンベル | モンベルについて | 2016年春夏の注目商品

これまでテント本体とフライはセット販売のみでしたが、2016年モデルからはテント本体とフライシートが別売となり、サンライトイエロー、タイム(深緑)、ピーコック(青緑)、オフホワイトの4色から選べるようになりました。
現在、フライシートを4色から選べるのはステラリッジテント1と2型の2種類。3型と4型は2色(サンライトイエロー/タイム)の2色展開となっているようです。

また、従来通りのフライシートセット(サンライトイエロー)も継続販売され、テント本体と別々に購入するよりも割安(1型で2500円程度格安)となっています。

ちなみにステラリッジテントは定期的にマイナーチェンジを行っていて、現在のモデルは昨年2015年モデルがベースのもの。2014年以前のステラリッジテントとはフライシート、グランドシート共にポール受けの位置が異なるため、互換性がありません。旧モデルのユーザーとしては、ちょっと残念ですね。
私も旧モデルのユーザーということもあり、今回のフライシートカラバリは非常に羨ましい気持ちで眺めております(かといって、そのためにテントごと買い換える訳にも行きませんし…)。