読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近チェックした登山関連記事などまとめ

山ニュース

しばらくやっていませんでしたが、最近チェックした登山・アウトドア関連記事のまとめです。不定期更新ですが、たまにやっていきたいと思っています。

* *


2002年、東京大学在学中に当時世界最年少のセブンサミッターとなった山田淳氏。卒業後は外資コンサルのマッキンゼーに勤めた後、2010年に独立。株式会社フィールド&マウンテンを設立し、「やまどうぐレンタル屋」といったサービスや登山ガイドとしても活躍する、山田氏のロングインタビュー。ご本人の熱量が伝わってくるとても熱いインタビュー記事です。
夢へのルートを逆算せよ!  マッキンゼーを辞めてまで、ひとりでアウトドアベンチャーを始めた男の7つの成功ルール

夢へのルートを逆算せよ! マッキンゼーを辞めてまで、ひとりでアウトドアベンチャーを始めた男の7つの成功ルール

* *

どうすれば安全安心:登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない
毎日新聞に掲載された、登山におけるトラブル対処法の記事。
道迷いを起こした際は無闇に動かないというアドバイス/クマに遭遇した際の対処/登山靴の経年劣化によるソール剥がれの対処/山岳保険の必要性、など初心者に限らず目を通しておきたい内容です。
* *


VRヘッドセット「HTC Vive」を使って、エベレスト登山を体験するVRゲーム「EVEREST VR」のプレイレビューがGIGAZINEに掲載されていました。ムービーでそのプレイ画面が紹介されていますが、アイスフォールを渡る所などは、ハシゴが軋む音などもリアルに再現されていて、ヘッドマウントディスプレイで見たら相当に恐そうです。「HTC Vive」の価格はまだ高い(10万円程度)ので簡単に手は出せませんが、機会があったらぜひ体験してみたいVRです。

* *

「日本近代登山の父」と呼ばれ、上高地のウェストン碑などでも登山愛好家にはお馴染みの英国人宣教師、ウォルター・ウェストン。そのウェストンが上高地の温泉宿に残したとされる『KAMIKOCHI ONSENBA CLIMBERS' BOOK』の全訳が『ウェストンが残した「クライマーズ・ブック」』として刊行されました。ウェストンをガイドしたことで知られる上條嘉門次(明神池のほとりの嘉門次小屋は有名ですね)との交流など、北アルプスの山を登っているとウェストンのエピソードを耳にする機会は多く、この本もとても気になりますね。

ウェストンが残した《クライマーズ・ブック》 外国人たちの日本アルプス登山手記

ウェストンが残した《クライマーズ・ブック》 外国人たちの日本アルプス登山手記