オリンパスがE-M1 MarkIIの開発、及び新型レンズ3本の発売を発表! 会員向けレンズ優先仮予約スタート

ドイツケルンにて2年に1度開催されるカメラ系展示会「フォトキナ」。本日開幕した「フォトキナ2016」では各社から魅力的な製品が相次いで発表されています。
筆者も愛用するオリンパスからは、いよいよフラッグシップ機のOM-D E-M1の新型機「OM-D E-M1 MarkII」の開発が発表となりました。進化したDUAL FAST AF、AF追従で最高18枚/秒の連写、20MセンサーにTruePic VIII、37%容量アップの新型充電池…などなど、かなり魅力的な製品へと仕上がっているようです。

f:id:OKP:20160921082620j:plain

発売時期、価格はまだ未定のようですが(2016年内との話)、こちらについてはまた改めて記事にまとめたいと思います。
オリンパス ニュースリリース: AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写を実現 ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII」を開発

オリンパスM.ZUIKO新型レンズ3本ついて

同じくフォトキナ2016にて発表となり、OM-D E-M1 MarkIIよりも一足早いタイミングで発売される3本のマイクロフォーサーズレンズ。簡単に仕様をチェックしつつ、オリンパスオンラインストアでの販売価格なども見ていきましょう。

高倍率PROズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」


交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO | 交換レンズ M.ZUIKO PRO | オリンパス
かねてより噂にはなっていましたが、M.ZUIKOのPROレンズにF4通しの高倍率ズームレンズが登場しました。FF換算で24-200mm相当という非常に魅力的なズーム域(このクラスの高倍率ズームは28mm相当からが多いですね)、重量561g、サンヨンPROに搭載されていた「5軸シンクロ手ぶれ補正」にも対応するなど、登山や旅行レンズの決定版とも言えそうな魅力的なレンズです(所謂「小三元」のズーム側2本をまとめてしまったかの…)。

筆者もかなり気になっているレンズですが、E-M1 MarkIIとのレンズキットが設定されそうな予想もあるので(?)、発売直後に手を出すかは現時点では微妙な所でしょうか。オリンパスオンラインでの通常価格は151,200円(希望小売価格175,000円)。

F1.2の大口径PRO単焦点「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」


交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO | 交換レンズ M.ZUIKO PRO | オリンパス
大口径F1.2の標準単焦点レンズ。マイクロフォーサーズの25mmはFF換算で50mm相当になります。特種レンズをふんだんに使用した14群19枚という強烈なレンズ構成。PROレンズの防塵防滴により、フラッグシップ機と組み合わせて、多様な環境で安心して使えるレンズとなっています。
MFTフォーマットでは各メーカーからこの25mm単焦点には魅力的なレンズが投入されていますが、間違いなくその中でも決定版の1本となりそうな雰囲気満々です。
オリンパスオンラインでの通常価格は142,560円(希望小売価格165,000円)と、やはりそれなりの価格設定。

最大2.5倍のプレミアムマクロ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」


交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro | 交換レンズ M.ZUIKO PREMIUM | オリンパス
M.ZUIKO PREMIUMクラスに加わった新型レンズは、FF換算で60mm相当、撮影倍率は1.25倍(35mm換算で2.5倍)という標準域のマクロレンズになります。重量は128g。
「30mm F3.5」というスペックはフォーサーズ時代の軽量マクロレンズ「ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro」を思い出させますが、既発のM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroに対してこの新型マクロレンズが加わったことで、フォーサーズ時代の「35mm/50mm」というマクロレンズのラインに近くなりました(より画角に幅が生まれ、いい差別化になっていると思います)。なお、60mm F2.8のような防塵防滴にはなっていないようです。
オリンパスオンラインでの通常価格は32,400円(希望小売価格37,500円)。

新型レンズの「フォトパスプレミア会員 限定優先仮予約」受付中(9/20〜9/29)

各レンズの発売は11月下旬となるようですが、既にオリンパスの公式オンラインストアにて、フォトパス(オリンパスのオンラインコミュニティ。詳細は記事後半にて)プレミア会員向けの優先仮予約受付が始まっています。

f:id:OKP:20160921085025j:plain

仮予約は商品入荷時にメール連絡を受け、1週間以内に改めて購入手続きが必要な予約方法。受付期間は9月20日(火)から 29日(木)までとなっています。仮予約の時点では、購入する確約をする申し込みではないので、現時点で「気になる」レベルの方も仮予約を入れておくのはありかもしれません(筆者は早速12-100mmの予約を入れました)。
「プレミア会員限定 優先仮予約」はオリンパスオンラインの各商品ページからのリンクで確認することができます。
M.ZUIKOレンズ 新製品登場 - オリンパスオンラインショップ

新型レンズのフォトパスプレミア会員価格は?

3本のレンズの販売価格ですが、恐らく発売当初は「フォトパスプレミア会員価格」が最安値になると思われます。手帳クーポンの廃止により、昨年までに比べ魅力の落ちてしまったフォトパスプレミア会員ですが、製品発売直後に関しては市場の最安値よりもまだまだお得感が強いでしょう。
現在分かっているオンラインショップでの通常価格、プレミア会員価格(5%OFF)、そしてプレミア会員が割引ポイントを最大限に利用(15%OFF)した場合の価格を並べてみることにします。(2016.09.21現在)

製品名 オリオン通常価格 プレミア会員価格 プレミア会員+15%OFF Amazon参考価格
M.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PRO 151,200円 143,640円 122,094円 151,200円
M.ZUIKO 25mm F1.2 PRO 142,560円 135,432円 115,117円 142,560円
M.ZUIKO 30mm F3.5 Macro 32,400円 30,780円 26,163円 32,400円

参考価格としてAmazon.co.jpの予約価格を拾ってみましたが(オリオンの通常価格と同じようですね)、やはりプレミア会員及び、割引ポイントを利用した価格が相当お得なことが確認できます。
ちなみに割引ポイントは毎日コツコツと貯めることがですので、発売日の11月末までに15%相当のポイントを貯めることは十分に可能です。

フォトパスプレミア会員価格について

「フォトパス」や「プレミア会員」について、また「割引ポイント」の貯め方などは以下の記事をご確認ください。