CASIOのアウトドア用スマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」にサファイヤガラスを使用した特別仕様モデル


スポンサーリンク

f:id:OKP:20170324194156j:plain

今年の1月に発表となったカシオの省電力GPS内蔵アウトドアスマートウォッチ「PRO TREK Smart / WSD-F20」に、サファイヤガラスを使用した特別仕様モデル「WSD-F20S」が登場するようです。販売個数は世界限定で500個で、発売は6月を予定。

CASIO WSD-F20は、GPS非搭載だった前モデルに対して低消費電力GPSを内蔵し、オフラインでも使えるカラー地図に対応したアウトドア専用スマートウォッチ。このモデルから同社の人気アウトドアウォッチブランドであるPRO TREKシリーズ(PRO TREK Smart)となっています。

発売は来月4月21日を予定しているので、ベースモデルが発売になる前に、特別仕様モデルも発表されてしまったことになります。ただし、ベースモデルを買ったものの、後から特別仕様が出てがっかりすることがないのは良いかもしれません。

ベースモデルとの違いは、硬度の高いサファイアガラスが風防に採用されたことと、ボタン等に耐摩耗性に優れたIP(イオンプレーティング)処理が行われていること。外観もブラック&ブルーとなり、特別仕様のパッケージで出荷されるようです。

f:id:OKP:20170324192120j:plain

尚、ベースモデルの税抜定価51,000円に対して、WSD-F20Sは税抜80,000円と5割以上の価格差が付けられています。

機種名 カラー・特徴など 価格 発売時期
WSD-F20 オレンジ/ブラック 51,000円(税抜) 4月21日
WSD-F20S サファイアガラス・IP処理・限定500個 80,000円(税抜) 6月

サファイヤガラス仕様の特別モデルといえば、エプソンの登山用GPSウォッチ「Wristable GPS for Trek」にサファイアガラスを採用した「MZ-500MS」が昨年、追加リリースされていました。やはりこちらも「サファイア」という言葉(宝石)をイメージさせるブルーを取り入れたデザインとなっています。

* *

筆者が別ブログにて使用レポートを行っている前モデルの「Smart Outdoor Watch WSD-F10」も、近日中にAndroid Wear 2.0へのアップデートが予定されています(思ったよりも伸びていますが…)。Androidスマホを必要としないスタンドアロンでの使用が可能となることで、これまでよりiOSとの親和性が高くなると言われていますし(YAMAPにも対応するみたい?)、こちらも非常に待ち遠しいのですが… まだでしょうか。

f:id:OKP:20170324194648j:plain

[カシオ]CASIO スマートアウトドアウォッチ WSD-F10BK メンズ

[カシオ]CASIO スマートアウトドアウォッチ WSD-F10BK メンズ