パーゴワークス(PaaGo works)の一眼用チェストバッグ「フォーカス」がリニューアルしていました

最新情報でなく筆者が気付いていなかっただけですが…
筆者も登山の際に愛用しているパーゴワークスというメーカーのカメラバッグ「フォーカス」。トップロード式のバッグを、登山用ザックの正面に吊り下げて携行したり、ストラップを取り付けてショルダーバッグとして使用することができる製品です。

f:id:OKP:20170801103023j:plain

かつて同社から出ていた「フォーカスL」というバッグを現在も使っているのですが、このモデルは既に生産終了。その後、SWINGという後継製品も出ていましたが、昨年の4月に新たに「フォーカス」(型番:CB03)の名前で復活していたようです。

f:id:OKP:20170501152009j:plain

サイズはかつてのフォーカスLよりもひと回り大きくなり開口部が広くなったことで、カメラが取り出しやすくなっているそう。メーカーサイトによると、キヤノンの70Dクラス+標準ズームレンズの収納をイメージしているとのこと(これは旧フォーカスLも同様でした)

型番 サイズ 最大容量 重量
旧 フォーカスL 200×200×100mm 約3.0L 約370g
SWING-L+INNER CAMERA BAG 200×250×60mm 約2.0L 約270g
新 フォーカス(CB03) 250×280×90mm 約3.0L 約350g

f:id:OKP:20170501152039j:plain

また、クッション材が一体化されていたフォーカスLに対して、SWING同様のインナーバッグ式になったことで、カメラの保護材としてフォーカスと切り離してザックに収納するなど、旧モデル以上に柔軟な使い方に対応したようです。
止水ジッパーを採用したフラップ側のポケットの他、前ポケットを2つ備えるなど、カメラと合わせて、スマートフォンや交換電池などの携行にも活躍してくれそうです。

f:id:OKP:20170501152028j:plain

PaaGo WORKS CB03 フォーカス ブラック

PaaGo WORKS CB03 フォーカス ブラック

PaaGo WORKS SW01 スイング L ブルー

PaaGo WORKS SW01 スイング L ブルー

関連記事