読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と旅とカメラのブログ。

趣味の登山やカメラ、旅行について書いてます。現在はニュースクリップが中心。

広告

【12か月 ¥7,409】Adobe Creative CloudフォトグラフィプランがAmazonで37% OFF !!!!

定期的にAmazonにてセール価格となっている「Adobe Creative Cloudフォトグラフィプラン」のオンラインコード版。通常は最大でも30%OFFのセール価格でしたが、今回はなんと37%OFFの¥7,409という驚きの価格になっています!

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)|12か月版|オンラインコード版

高度なレタッチ、作品造りにおいて定番ソフトであるPhotoshop、RAW現像はもちろん、写真データの編集からライブラリ管理ににまで欠かすことのできないLightroom。この2本の定番写真アプリの1年分サブスクリプションプランを、この格安料金で手にする機会はなかなかお目にかかれません。
気になるセール期間は不明ですが、そう長いものではないと思われるので、気になった方は早めに購入してしった方がいいかもしれません。以前、購入して現在サブスクリプション契約していても、コードを追加購入することは可能です。

私も今回の機会に来年分のコードを買ってしまおうかなと…。

山でのカメラ携行に便利なバックパック用カメラホルスターを比較してみた

カメラ アウトドア

以前は、登山中のカメラ携行はトップローダー式のカメラバッグを、ハーネスやザックへ取り付けることで体の正面に吊り下げていた私。

f:id:OKP:20160812125346j:plain

トップローダー式カメラバッグとカメラホルスターのメリット&デメリット

使用するカメラによっていくつかのバッグを使い分けていましたが、最近はb-gripのカメラホルスターを使って、ザック(バックパック)のショルダーベルトにぶら下げることも多いです。カメラホルスター(バックパックホルスター)というのはこんな具合にカメラを携行する製品の総称です。

f:id:OKP:20160810123213j:plain

どちらも一眼レフやファインダー付きミラーレス機などの大きなサイズのカメラを、歩きながらすぐに取り出して使える携行方法になります。それぞれの携行方法のメリット&デメリットについて、ざっと思いついたことを書き出してみます。

トップローダーバッグのメリット

  • カメラを確実に保護できる(レインカバー装備なら雨や埃対策も)
  • 体の正面にバッグがあるので重量バランスが良い
  • バッグのサイズ次第で大型一眼レフの携行にも対応
  • バッグ部分だけを外して、サブバッグとして使用可能
  • カメラ本体意外の小物を合わせて携行可能

トップローダーバッグのデメリット

  • 体の正面中央にバッグがあるので、岩場などで邪魔になることがある
  • 荷物全体の重量増
  • ザックを降ろす際(休憩時)などに一手間必要

カメラホルスターのメリット

  • 速写性に優れる
  • カメラ機材の重量増が最低限ですむ
  • 体の正面がスッキリとする

カメラホルスターのデメリット

  • カメラ本体がむき出しになるので、岩場での接触、雨天時に注意が必要
  • 片側の肩に重量が偏ることで違和感(比較的すぐ慣れる)
  • 休憩時、宿泊時のカメラの置き場所、保護の確保を用意する必要がある

…といった感じでしょうか。正直どちらの方が優れているというものでもありませんので、自分の登山スタイル、撮影スタイルなどに合った携行方法を選ぶのが良いでしょう。

さて、カメラホルスターですが各社から様々なタイプのものが発売されています。中でも筆者が山でよく見かけるものが「b-grip」「COTTON CARRIER STRAP SHOT」「Peak Design キャプチャー」の3メーカーの製品。
筆者はb-gripのミラーレス用ホルダーであるb-grip UNOを2セット使っていて、それなりに満足していますが、一部不満も出てきたので、他の2メーカーと比較しつつ別機種の購入なども検討してみたいと思っています。

体への干渉がないのが魅力:b-gripトレッキングバリューセット&b-grip UNO

まずは筆者が使っているb-gripのホルダー。中型一眼レフ以上のサイズのカメラに対応した「b-grip EVO」にザックのストラップ固定用の「トラベルキット」と「ハンドストラップ」を同梱した「b-gripトレッキングバリューセット」。
そしてミラーレスカメラ、小型一眼レフに対応した軽量盤のb-grip UNOがあります。

b-grip b-grip UNO 小型軽量カメラホルスター

b-grip b-grip UNO 小型軽量カメラホルスター

他のホルスターとの違いとして、カメラ装着時にワンタッチでなく固定用のレバーを(カメラを持ってる手と反対の手で)動かしてあげる必要があります。カメラの装着中は非常に安定していますし、ザックへの取付も体側に大きなパーツが当たらないようになっているので(UNOは細い金具のみ)、薄着でザックを背負っても体への干渉はありません。

またUNOのプレートはアルカスイス互換となっているのですが、プレート装着時はカメラの三脚穴が使えなくなってしまうので、ミニ三脚などを使いたい場合は、プレートを外す必要があります。b-grip EVOについては別売りのTripod Adapterを使うことで、三脚穴への取付が可能です。

ちなみにカメラへのプレート取付は指のみで締め付けるだけでは不十分なので、コイン等でしっかり締め込むことをオススメします。

製品紹介動画


片手のみの操作でカメラを付け外し!:COTTON CARRIER STRAP SHOT

コットンキャリアというメーカーの「ストラップショット」という製品。山でも一番見かけることの多いカメラホルスターが、このストラップショットかもしれません。

ショルダーストラップに巻き付けるタイプのホルダーが特徴。ザックへの固定はDリングやザック丈夫の持ち手などに、ベルトで固定する仕組み。ザックによってはこの固定が上手くできない場合もありそうですが、体への干渉は布のホルダーということもあり気にならなそうです。
ホルダーへのカメラの固定は、横向きに差し込んだカメラを縦にすればロックされるというもの。片手のみでワンタッチ装着できるだけでなく、取り外しも片手で行えるのが魅力でしす。
ハンドストラップやカメラ落下防止のストラップが付属しているのも本製品の特徴。さらに、カメラ側に取り付けるハブ(プレート)に三脚穴が空いているのも魅了的です。

製品紹介動画


充実システムが魅力:Peak Designキャプチャーカメラクリップ

カメラホルスターだけでなくストラップやアンカーリンクスといった製品をシステマチックに組み合わせることができるPeak Design製品。キャプチャーカメラクリップはアルミのプレートなど、デザイン面も非常に洗練された商品となっています。

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

ラインナップは「キャプチャー」と上位モデルの「キャプチャープロ」。両モデルともプレートがアルカスイス互換となっていて、「キャプチャープロ」はアダプター装着によりマンフロットの「RC2プレート」にも対応するようです(一部非対応のものもあるようです)。
また、「キャプチャープロ」はバックプレートに三脚穴が空いているので、キャプチャープロ自体をクイックリリースプレートとして使用することが可能です。
ザック取付時にパックプレートが体に当たりそう(食い込みそう?)な形状なことが気になりますが、実は既に「キャプチャープロ」を購入済なので、使用レポートを追々別サイトで更新していければと考えています。

製品紹介動画


カメラホルスター5製品、私的チェックポイント一覧

以上、3メーカー5製品の「カメラホルスター」を比べてみました。どれもそれぞれに長所のある製品ですが、個人的に重要視する「着脱が容易」「体に干渉しない」「アルカスイス互換」「プレート装着時の三脚穴」の全ての要素を満たす製品というのもないようです。

製品 着脱手順 重量 アルカスイス互換 装着時の三脚ネジ対応
b-grip T.V.S. 着脱共にレバー操作アリ 372g × △(別売Tripod Adapterで対応)
b-grip UNO 着脱共にレバー操作アリ 130g ×
STRAP SHOT EV1 着脱共に片手で可能 不明 ×
CAPTURE 装着はワンアクション/外すのにボタン操作アリ 122g ×
CAPTURE PRO 装着はワンアクション/外すのにボタン操作アリ 140g

b-grip UNOに続いてCAPTURE PROも使うこととなったので、今後は実際の使用感などを別サイト、又は本記事などに追記していければと考えております。

f:id:OKP:20160827220531j:plain

関連

最近チェックした登山関連記事などまとめ

山ニュース

しばらくやっていませんでしたが、最近チェックした登山・アウトドア関連記事のまとめです。不定期更新ですが、たまにやっていきたいと思っています。

* *


2002年、東京大学在学中に当時世界最年少のセブンサミッターとなった山田淳氏。卒業後は外資コンサルのマッキンゼーに勤めた後、2010年に独立。株式会社フィールド&マウンテンを設立し、「やまどうぐレンタル屋」といったサービスや登山ガイドとしても活躍する、山田氏のロングインタビュー。ご本人の熱量が伝わってくるとても熱いインタビュー記事です。
夢へのルートを逆算せよ!  マッキンゼーを辞めてまで、ひとりでアウトドアベンチャーを始めた男の7つの成功ルール

夢へのルートを逆算せよ! マッキンゼーを辞めてまで、ひとりでアウトドアベンチャーを始めた男の7つの成功ルール

* *

どうすれば安全安心:登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない
毎日新聞に掲載された、登山におけるトラブル対処法の記事。
道迷いを起こした際は無闇に動かないというアドバイス/クマに遭遇した際の対処/登山靴の経年劣化によるソール剥がれの対処/山岳保険の必要性、など初心者に限らず目を通しておきたい内容です。
* *


VRヘッドセット「HTC Vive」を使って、エベレスト登山を体験するVRゲーム「EVEREST VR」のプレイレビューがGIGAZINEに掲載されていました。ムービーでそのプレイ画面が紹介されていますが、アイスフォールを渡る所などは、ハシゴが軋む音などもリアルに再現されていて、ヘッドマウントディスプレイで見たら相当に恐そうです。「HTC Vive」の価格はまだ高い(10万円程度)ので簡単に手は出せませんが、機会があったらぜひ体験してみたいVRです。

* *

「日本近代登山の父」と呼ばれ、上高地のウェストン碑などでも登山愛好家にはお馴染みの英国人宣教師、ウォルター・ウェストン。そのウェストンが上高地の温泉宿に残したとされる『KAMIKOCHI ONSENBA CLIMBERS' BOOK』の全訳が『ウェストンが残した「クライマーズ・ブック」』として刊行されました。ウェストンをガイドしたことで知られる上條嘉門次(明神池のほとりの嘉門次小屋は有名ですね)との交流など、北アルプスの山を登っているとウェストンのエピソードを耳にする機会は多く、この本もとても気になりますね。

ウェストンが残した《クライマーズ・ブック》 外国人たちの日本アルプス登山手記

ウェストンが残した《クライマーズ・ブック》 外国人たちの日本アルプス登山手記