読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

finetrackから高機能アウトドア製品用洗剤「オールウォッシュ」が登場!

アウトドア 山ニュース

アウトドアメーカーのfinetrackからアウトドア製品用の洗濯洗剤「オールウォッシュ(ALL WASH)」が(Carefineブランドにて)発売されました。

f:id:OKP:20170302140520j:plain

撥水性や防水性、透湿性を備えた高機能なアウトドアウェアの洗濯において「汚れ落ちと機能維持の両立」を掲げて、自社開発したという本製品。

finetrackが誇るドライレイヤー素材の撥水性、ベースレイヤーの吸汗性などを洗濯時に損なわないよう、また汚れ落ちにも拘ることで、これまでのアウトドア用洗剤だけでなく一般的な洗濯洗剤以上の洗浄率を実現しているとのこと(同社ホームページより)。もちろんGORE-TEX等、他社製防水透湿素材の洗濯にも使用できます。

ちなみに、これまでfinetrackでは同社製製品の洗濯には柔軟剤を含まない中性洗剤の使用を推奨していましたが(以前は同社サイトにイメージ写真としてウタマロとNANOXの写真が使われていました)、本製品の液性は弱アルカリ性とのこと。これについても同社ホームページに以下のような説明があります。

オールウォッシュは弱アルカリ性とのことですが、ウールなどの天然繊維のウエアも中性洗剤ではなく、弱アルカリ性でウエアを洗っても大丈夫ですか。 | 国産アウトドアブランドのファイントラック
一般的に、弱アルカリ性の方が、中性と比較して、皮脂汚れへの洗浄効果が高いため、本品は弱アルカリ性にしております。
弱アルカリ性のデメリットは、シルクやウールの素材に影響を与える可能性があります。しかしながら、オールウォッシュは、実際の使用濃度に稀釈すると、中性になる程の「中性に近い弱アルカリ性」です。

「オールウォッシュ」は既に同社ホームページの他、全国のアウトドア専門店、Amazonなどで取り扱いが始まっています。筆者も早速購入して使っていますが、ある程度使い込んだ所でまた使用レポートなどでご報告できればと考えています。

f:id:OKP:20170302140519j:plain

これまでの機能性ウェア専用洗剤に比べてもコストパフォーマンスが高く(1回あたり89円程度とのこと)、お得な詰め替えパックもラインナップされています。

finetrack(ファイントラック) FCG0101 オールウォッシュ

finetrack(ファイントラック) FCG0101 オールウォッシュ

関連リンク

【2/24限り】PENTAX K-S2ダブルズームキットが¥56,000の特価に!【Amazonプライム限定】

カメラ Amazon

f:id:OKP:20160525162537j:plain

本日2月24日(金)23:59まで、Amazonプライム会員限定のタイムセールです。PENTAXの一眼レフカメラ、K-S2のダブルズームキットが56,000円という特価になっています!  筆者がこれまで確認したAmazonでの最安値が56,685円でしたので、恐らく過去最安値に近い価格ではないでしょうか?
2/24の特選タイムセール | PENTAXの人気デジタル一眼レフカメラが本日限定56,000円 | プライム会員限定(Amazon)

現在PENTAXのエントリークラスは後継のK-70へと代替わりし、さらにAPS-Cセンサー搭載の最新機種PENTAX KPも発売されたばかりですが、まだまだこのK-S2も基本スペックでは見劣りしない機種です(K-S2からK-70での主な進化は、高感度が1段上まで使用可、リアルレゾリューション搭載、20M→24Mセンサー、連写性能のアップなど)。

PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【シルバー】 KP BODY SILVER 16044

PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【シルバー】 KP BODY SILVER 16044

K-S2とダブルズームキットに含まれる「smc PENTAX-DA L 18-50mmF4-5.6 DC WR RE」は筆者も愛用しているカメラとレンズ。バリアングル液晶搭載の一眼レフカメラでは最軽量クラスのボディに防塵防滴を搭載し、登山から釣り、旅行までアウトドアシーンを中心に活躍してくれています。

PENTAX K-S2関連記事

埼玉県:防災ヘリ救助に手数料5万円徴収の条例改正案

山ニュース

f:id:OKP:20170214235115j:plain

本日の読売新聞より。

ヘリ救助「5万円」、無謀な登山抑止へ…埼玉県 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
埼玉県内で山岳遭難した登山者が県の防災ヘリコプターで救助された際、5万円程度の手数料を徴収する県の条例改正案が同県議会で審議される。

埼玉県「ヘリ救助5万円」、無謀な登山抑止へ | 読売新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
「疲れた」など緊急性がない救助要請も多いのが実情だ。軽装で登山して救助を求めたり、安易に登山したものの足がすくんで動けなくなるケースもあるという。

信じられないことですが、実際緊急性のない状況でタクシー代わりに救助要請する登山者もいるのだとか。行政的には観光資源としての登山は奨励したい一方で、一部不心得者や無謀な登山客による行政コスト負担は避けられない訳で、ひとつの抑止力としての効果を期待したものでしょう。
5万円という金額自体は燃料代相当にしかならないもので、登山者の山岳保険加入を常識と考えればなんら問題ない額にも感じますが、他県の状況を見るとまだまだ慎重な意見が多いのかもしれません。
埼玉県議会がどのような判断を下すか、また仮に本条例が可決された場合、人気の山域を擁する長野県、岐阜県、山梨県、富山県などがそれに追従するのかなども注目したいところです。